保育士の仕事内容と勤務時間

保育士の仕事は、基本的には子供達の健康や安全、身の回りの世話などを中心に行う仕事になります。 これらを細かく説明しますと、子供達一人一人に目を向け、体調の変化や動作を確認して、健康状態をチェックしたり、施設内を常に清潔にし、危険を取り除くなどの安全面に配慮したり、子供達の食事・睡眠・着替えなどの身の回り世話や、一緒に遊ぶ事で身心の健やかな成長と、集団行動によって社会性を身につける… などが保育士としての仕事になります。保育園における1日の仕事内容は、だいたい以下の通りになります。
7:30〜8:30 早番出勤の保育士が出勤して保育の準備をします。
8:30〜通常出勤の保育士が出勤して、朝礼を行い、早番園児も登園しますので、保育士は園児を預かると共に、親からの伝言等を聞きます。
8:30〜10:30 通常園児の登園。
この時に、トイレの世話 カバンや荷物の整理 玄関先でのケガなどを注意して監視します。
10:30〜12:30遅番の保育士が出勤し、クラスごとに保育士が担当して、工作や絵を書き、天気の良い日は外へ散歩に行く事もあります。
12:30〜14:00 給食を食べて、後片付けをします。
14:00〜15:00 お昼寝の時間。
この時、保育士は連絡帳への記入や事務処理を行います。
15:00〜16:00 お昼寝終了時間で、トイレや着替え、布団を片付けます。
その後、おやつの時間。
16:00〜16:30 親が迎えに来て園児が降園。 園児の1日の姿などを、親に話たりします。
16:30〜17:30 早番出勤の保育士が、明日の準備や事務処理をしてから帰宅。通常出勤の保育士は、明日の準備や事務処理、終礼をして帰宅になります。
だいたいの1日の仕事内容ですが、場合によっては延長保育になり帰宅時間が遅くなる事もあります。
勤務時間は1日8時間を基本とするシフト制で、一般的には早番勤務が7:00頃〜14時頃 通常勤務は8:00頃〜17:00頃 遅番勤務は10:00頃〜子供が全員降園するまでとなっています。休日は、土日・祝日が休みになりますが、土曜日でも家庭の都合で面倒を見られない親の為に、保育する場合もあります。夏休みやお盆休み中も、希望保育する場合もあります。
また、運動会や花火大会などの年間行事は土曜日に行う事が多く、なかなか土日続けて休めない場合もありますが、交代で代休をもらい、あるいは月に8回の休みとして「4週8休」のシフトを組んでいる保育園もあります。 なかなかの休みがとれない仕事ですが、それを承知して保育士をしている方も多くいるようです。