便秘を治して血糖値も下げる

便秘と血糖値はなんにも関係がなさそうですが、便秘を治すのも血糖値を下げるのにも関係してるのが食物繊維です。食物繊維とは「人の消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総体」と定義されていて、水に溶ける物や溶けないでネバネバするものがあります。これらは消化されずに大腸まで達し、腸内環境を良くする、消化されないがゆえに便の量を増やして便秘を治すなどの働きがあります。

そして、食物繊維は血糖値を下げる働きもあります。糖分をゆっくりと消化させ、血糖値の急上昇を防ぐのです。また、食物繊維は腸内環境を良くする事から、体全体の調子を整えてコンディションを良くしていきます。

つまり、今すでに便秘ならばそれを改善し、血糖値を下げていくようにします。便秘が改善されれば血糖値がこれから下がっていく可能性はあります。逆に、便秘だとインスリンの作用が上手く行かずに血糖値が上がりやすくなります。

食物繊維が多く含まれる食材は、豆類、野菜類、海藻類などの植物です。肉や魚には食物繊維が含まれていません。

血糖値を下げるためには、野菜から食事に手をつける、野菜を食事に取り入れるなどが言われています。食物繊維は現代人に不足しがちな栄養素なので、積極的に食事から摂取していくようにしましょう。