佐賀の自然観光地から名物料理。

佐賀県の観光地は割りと自然が多く、自然の絶景を楽しむために外国人の観光客が多かったりもしますし、これを見るために日本人客も少なくはありません。唐津湾の海浜に続く唐津市の虹の松原というところは日本の名勝でもあります。唐津湾を綺麗に全体見渡せることも有名で話題を呼び、また地元の人には夜景でも有名とされています。すごく素敵なんですよ。私も一度見たことありますが結構綺麗に明かりが見えました。唐津湾の波の音も聞こえてくることがあるそうです。また、結構話題を呼んでいる浦ノ崎駅の桜のトンネルです。春になって桜が咲くとすごくきれいなんです。約90本の桜の木が出迎えてくれます。
そして、太良町の海中鳥居です。30年に渡る風習までもが伝えられています。私も見ましたが心がけ穏やかになりますね。仕事のことで凹んだときとかはこの景色を見て頑張ろうとか思えます。海の向こうまで見えた気がしてすごいという気持ち一言では表せられないという感じです。そして、小城市の清水の滝もまた有名です。ここの滝は全国名水百選にも選ばれ、小城市の名物となっている鯉のあらいや鯉こくなどの料理はこの清水の滝から生まれています。このように、自然から料理へと発展し、佐賀県の観光から名物が生まれることもあるのでいろんな聖地へ行ってみると楽しいですよ。