乳酸菌は血糖値を下げることが可能

乳酸菌は腸内環境を整えるのに必要な存在です。
だったら、乳酸菌は血糖値を下げることが可能なんでしょうか。
ちなみに食前にヨーグルトを食べることは血糖値を下げることにつながります。

実際、乳酸菌は血糖値の上昇を抑制するからです。
その理由は乳酸菌に含まれる多糖が糖の吸収を抑えるからです。

それに血糖値の上昇を抑えることができたら糖尿病や高血圧、高脂血症や肥満などの生活習慣病を未然に防げます。
つまり、乳酸菌は深刻な病気を遠ざけると共に体の中から健康になれます。

ただ、乳酸菌が血糖値の上昇を抑制する効果があるということはあまり知られていません。
それに消化にも役立ちます。
他にも免疫力も上げてくれます。

アレルギー症状の改善、ガン予防にコレステロール、中性脂肪の抑制などにも効果があります。

しかも、乳酸菌はヨーグルトだけではありません。
キムチやチーズにも沢山含まれています。

なので、これらの食品を毎日摂取することで様々な効果が存在します。

特に血糖値の上昇を抑えてくれる乳酸菌はLAB4乳酸菌といいます。

それに血糖値をコントロールせず、高い数値のまま放置しておくと糖尿病になる可能性があります。
その点を考慮して積極的に乳酸菌を摂取しましょう。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)