ロト6で当てる方法はあるのか?

ロト6で1等の当選確率を確実にあげる方法があります。それは「数の理論」です。単純な話、ロト6で43個の数字のなかから自分が選んだ数字が6個すべて当たる確率は600万分の1の確率です。もはや、天文学的な確率といっても過言ではありません。ロト6の1等を当てるよりも交通事故に会う確率のほうが断然高かったりします。
さて、そんなロト6を当てる方法はやはり1回の抽選で多くの枚数を購入するということにあります。たとえば、二口買えば当選する隔離は300万分の1になり10口買えば60万分の1の確率になります。
さらに多くの枚数を買えば当選確率はあたります。とうぜん、それぞれ選ぶ数字を変えればあたりやすくなります。
といっても、6個すべての数字を変えたからと行って当たる確率が上がるわけでもないのですが、数の理論で考えれば多く買えば買うほど、当選する確率はぐっと高くなります。
ただ、人によって変える金額には限界があると思うので無理しない程度で毎回、多く購入すると当たる確率があがりますよ。
単純な話ですが、10枚買えば1枚ぐらいは5等ぐらい当たっているものです。4等以上が当たれば購入した分の金額はペイできます。
なので、毎回多くの枚数買うと当たる確率があがるので、1等を当てたいのなら多くの枚数を購入することをおすすめします。


続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。