ミトコプラスに葉酸は含まれている?妊娠中に葉酸が必要な理由

妊活サプリにはたくさんの種類がありますが、その多くは「葉酸」というビタミンB群を含んでいます。

それはなぜなのでしょうか。

また、すべての妊活サプリに葉酸が含まれているわけではありません。

ここでは、細胞レベルにアプローチをかけることのできる妊活サプリ、ミトコプラスに注目してみたいと思います。

ミトコプラスに葉酸は含まれているのでしょうか。

妊活と葉酸の関係についても、あわせてお話ししていきましょう。

ミトコプラスに葉酸は含まれていない

結論からお話ししますと、ミトコプラスに葉酸は含まれていません。

リニューアル前の製品「プレグル」には葉酸も含まれていましたが、リニューアルしてミトコプラスになってからは含まれなくなりました。

多くの妊活サプリに含まれるメジャーな成分である葉酸をなくすなんて、なんだか不思議な感じがしますよね?

しかしそれには理由があります。

ミトコンドリアを活性化させるタイプの妊活サプリは、効果覿面な反面「値段が高い」という問題がありました。

プレグルも例外ではなく、1ヶ月分で20,000円もしたんですよ。

妊娠はしたいけれど、価格の面からサプリを続けられないという声が相次いだことから、メーカーがリニューアルに踏み切ったというわけです。

このとき、葉酸を含む「妊娠してから必要な成分」は除外されることになりました。

ミトコプラスは、本当に妊娠したいという強い思いを形にしたサプリメントなんですね。

そのため、葉酸は含まれていません。

妊娠中に葉酸が必要なのはなぜ?

そもそも、なぜ妊娠中に葉酸が必要なのでしょうか。

葉酸はビタミンB群のひとつで、ビタミンB12と共に「造血ビタミン」とも呼ばれています。

妊娠中は胎盤を通じて、血液から赤ちゃんに栄養を送ることになります。

そのため、非妊娠時と比べて血液が必要になるのは一目了然。

お母さんの貧血予防のためにも、葉酸は欠かせないのです。

それだけではありません。

何よりも葉酸が必要だとされているのが、赤ちゃんの細胞分裂が盛んな「妊娠初期」。

妊娠に気付くかどうかというこの時期に、脳や脊椎などの重要な器官の元となる部分が出来上がっているのです。

葉酸にはDNAを合成して正常な細胞分裂をするという働きがあるため、葉酸が不足すると赤ちゃんの細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天性疾患を患った赤ちゃんが産まれるリスクが高まってしまいます。

神経管閉鎖障害のリスクは「葉酸を十分に摂ること」で回避することができるため、妊娠中には葉酸が必要不可欠だと言われているんですね。

受精卵が着床した頃から器官形成は始まっていくので、できることなら「妊娠がわかる前」「妊活中」から葉酸を摂取することが推奨されているというわけです。

まとめ

ミトコプラスには、妊娠初期に必須の成分、葉酸は含まれていません。

そのため、妊娠に向けてのコンディションが整い出したら、ミトコプラスの他に葉酸サプリも併用して飲むことをおすすめします。

ミトコプラスと同じゲンナイ製薬から、「プレミン」という葉酸サプリも販売されていますから、そちらもチェックしてみてくださいね。