ベジママを飲んで吐き気がするときの注意点

妊活サプリは、今や多くの人が利用しており、妊活の定番でもあります。

妊娠したい!という気持ちが強い人はもちろん、将来のためにと飲んでいる人もいるでしょう。

ベジママは、そんな妊活サプリの1つです。

さて、そんなベジママですが、飲み始めて「吐き気」がしてきたという口コミもあります。

飲んだら吐き気がするなんて、大丈夫なの?と不安になりますよね。

ここでは、ベジママを飲んで吐き気がするときの注意点をまとめてみました。

過剰摂取になっていないか見直そう

ベジママを1日の目安量を飲んだだけでは、ふつう吐き気が起こることはありません。

吐き気がするときに考えられるのは、栄養素の過剰摂取になっている、ということ。

ベジママには1日あたり400μgのモノグルタミン酸型葉酸が含まれています。

食品に含まれる葉酸は水溶性ビタミンなので問題ないのですが、モノグルタミン酸型葉酸は体内での吸収率が高いことが魅力。

1日1,000μg以上の葉酸を摂取すると、吐き気などを催すことがあるのです。

ベジママだけでなく、もしも他のサプリと併用しているという人は、それぞれは1日分の量を守っていても、栄養素の過剰摂取になっている恐れがあります。

どの栄養素がどれだけ含まれているのかを、今一度確認してみましょう。

栄養素の過剰摂取にならなければ、ベジママを飲んで吐き気が起こることはありません。

まとめ

ベジママで吐き気がするときの注意点を紹介しました。

正しく飲んでいれば吐き気が出ることはありませんが、いくつかのサプリを一緒に飲んでいる人は注意が必要です。

妊活サプリはたくさん飲めば効果が上がるものでもありませんから、正しく飲むようにしてください。