ベジママを飲むとニキビができにくくなる?ベジママとニキビの関係

生理前になるとニキビができる、という女性はたくさんいます。

これはホルモンバランスによるものなのですが、毎回繰り返すニキビには正直うんざりしてしまいますね。

そんな繰り返すニキビは、「ベジママを飲むことで改善する」という意見がありますが、それは本当なのでしょうか。

ベジママにニキビを治す成分は配合されていない

ベジママには、直接的にニキビを治すような成分は含まれていません。

そのため、できてしまったニキビを早く治すような効果はありません。サプリメントは薬ではありませんので治す効果はないのです。

ですが、配合されている成分によって、ニキビ改善に繋がることへの期待は出来ます。

生理前や妊娠初期のニキビ

生理前や妊娠初期になぜニキビができやすくなるかというと、それはプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されているからだと考えられています。

プロゲステロンには、皮脂を増やす(皮脂の分泌を促進する)働きがあるのです。

皮脂が増えると、過剰な皮脂となりバランスが悪くなります。そして、毛穴のつまりと共にニキビの原因となります。

多嚢胞性卵巣症候群対策にベジママ?

多嚢胞性卵巣症候群を患っている人はベジママを飲んでいる人が多いそうです。多嚢胞性卵巣症候群にはベジママが良いと言われていますが、その理由は配合されている「ピニトール」です。この成分は、アメリカでは、初期の不妊治療に使われることもある成分です。

多嚢胞性卵巣症候群は、ホルモンバランスが乱れることで排卵が起こりにくくなる病気です。ピニトールを摂取することによって「排卵率が上がったという報告がある」とのことからピニトールをサプリメントで摂取する人も増えてきたようです。

多嚢胞性卵巣症候群だと、男性ホルモンの分泌が多くなっていることも多く、肌荒れ、ニキビ、吹き出物を繰り返します。男性ホルモンにも皮脂を増やす働きがありますので。

ピニトールは男性ホルモンを正常値に戻し、ホルモンバランスを整えることができるんですよ。

なので、ニキビ対策にピニトール配合のベジママはおすすめなのです。こういった理由からベジママを飲むことでニキビがでにくくなるのでしょうね。

ニキビを治すことはできなくても、ベジママを飲むことで繰り返す周期ニキビの改善が期待できるなんてすごいですよね!

妊活中はただでさえストレスを感じやすいので、せめてニキビによるストレスくらいはなくしちゃいましょう。

ベジママの成分は

ベジママの成分は以下になります。

原材料名 ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物(デキストリン・ルイボス茶エキス)、アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、パントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

ピニトールによってホルモンバランスが整えられるので、ニキビ改善が期待できます。

他、ニキビ改善が期待出来るビタミンも含まれています。

まとめ

ベジママとニキビの関係についてお話ししました。

ベジママは繰り返す周期ニキビの改善にもおすすめです。

ニキビ改善が期待できる成分がしっかり配合されています。

とはいえ、妊娠初期のニキビは「妊娠した証」でもあるので、ある程度は我慢も必要かもしれません。