ベジママは授乳中にもおすすめ!その理由とは

妊活サプリのベジママは、「妊娠したい」という人をターゲットにしたサプリです。

ピニトール配合であるため、生理不順などを改善する効果も期待できます。

妊活サプリの多くは、妊娠してからも飲み続けることを考慮して成分などを配合していますが、ベジママはどうなのでしょうか。

ここでは、妊娠中ではなく「授乳中」に焦点を当て、ベジママがおすすめな理由について説明していきたいと思います。

ベジママは母乳の質を高めることができる

授乳中に必要な栄養素は何か、知っていますか?

授乳中、母乳の出を大きく左右するのは葉酸とビタミン類なのだそう。

出産後、できるだけ母乳で育てたいとは誰もが思っていることでしょう。

ベジママには葉酸もビタミン類も配合されていますから、授乳中にも必要なサプリだといえます。

それだけではありません。

ベジママに配合されているピニトールとルイボスは、母乳の質を高めることができます。

ピニトールはホルモンバランスを整える働きがありますし、ルイボスは体を温める働きがあります。

母乳の量や質は、血行が良いかどうかが非常に重要。

体が冷えていたのでは、質の高い母乳を出すことはできません。

また、ピニトールはホルモンバランスを整える働きがありますから、授乳中(産後)のホルモンバランスの乱れにも効果的。

これらの働きから、ベジママは授乳中にもおすすめのサプリだと言えるでしょう。

まとめ

妊活サプリのベジママは、妊活中だけでなく授乳中にもおすすめのサプリだということが分かりました。

大切な赤ちゃんに質の高い母乳をあげられるよう、また、母体の体調管理のためにもベジママを飲み続けることをおすすめします。