ベジママは安心して飲めるサプリ?ベジママの安全性について

妊活中は、普段以上に神経質になるもの。

口にするものは特に気になりますよね?

さて、妊活中に多くの人が利用するものといえば、やはりサプリでしょう。

妊娠効果を高める働きのあるサプリを飲むことで、妊娠しやすい体を作っていく、というのが妊活サプリの目的です。

世の中にはたくさんの妊活サプリがありますが、ここで紹介するのは多くの雑誌でも紹介されているサプリ、ベジママ。

ベジママの安全性について紹介していきましょう。

ベジママは残留農薬、放射能検査済み

ベジママのメイン成分であるピニトールは、アイスプラントによるもの。

原料であるアイスプラントは、自社の厳しい管轄の中で栽培、そして収穫されています。

クリーンな衛生環境で育てられたアイスプラントだけを使っているうえ、もちろん農薬は未使用。

やはり妊活中に農薬をたっぷり使ったものは口にしたくないですよね?

そんな妊活中の方の気持ちを考え、ベジママは農薬を使わずに育てたアイスプラントを使っているのです。

そして、放射能物質の検査もしています。

基準値をクリアしたものしか販売していませんので、安心してくださいね。

さらに、医薬品レベルのGMP認定工場で製造しているところも妊活サプリとしてはポイントが高いと言えるでしょう。

しかし、ベジママは無添加ではありません。

無添加を大々的に謳っているサプリもたくさんありますので、そういったものと比べるとデメリットに感じてしまうかもしれませんね。

とはいえ、体に害のあるものは含まれていませんのでそこは安心して大丈夫です。

まとめ

ベジママの安全性について、紹介しました。

ベジママは安全性に優れているサプリではありますが、無添加ではないというのは1つ気になるところ。

ベジママは無添加ではありませんが、それでも安全性には優れたサプリだと言えるでしょう。

妊活中でも、安心して飲むことができますよ。