ベジママは妊娠糖尿病の予防にもなる?

妊娠糖尿病とはどんなものか、知っていますか?

一言でいうなら、妊娠をきっかけに糖の代謝異常が起こってしまうことをいいます。

生活習慣病の糖尿病とは少し違い、出産をすると元に戻ることがほとんどですが、なかにはそのまま糖尿病になってしまうこともあるので注意が必要なんですよ。

妊娠糖尿病は、母体にも胎児にもリスクを与えます。

たとえば早産や胎児の奇形、そして成長しすぎることによる帝王切開など。

多嚢胞性卵巣症候群を患っていると、妊娠糖尿病にもなりやすいと言われています。

ベジママと妊娠糖尿病の関係

ベジママには、他の葉酸サプリにはないピニトールが配合されています。

ピニトールには血糖値をコントロールする働きがあるので、妊娠糖尿病の予防にも効果的。

多嚢胞性卵巣症候群は糖代謝の異常がきっかけとの考え方もあるので、どうしても妊娠糖尿病のリスクが高くなってしまうのでしょうね。

葉酸は胎児の先天性異常による奇形の予防になりますから、ベジママなら1つで「妊娠糖尿病と胎児の奇形」という2つの予防が期待できるのです。

健康な赤ちゃんを産みたいというのは、誰しもが願うこと。

防げるリスクは事前に防ぎたいと思うのも、当たり前のことです。

予防を期待するためにたくさんのサプリを飲むのは大変ですが、ベジママなら1つですむのでおすすめですよ。

まとめ

たくさんのリスクがあるだけの、妊娠糖尿病。

妊娠糖尿病は35歳以上の人や多嚢胞性卵巣症候群の人がなりやすいと言われています。

ベジママを飲んだり、妊娠糖尿病の予防をしましょう!