ベジママは妊娠初期までおすすめのサプリ?

ベジママは、ピニトール配合の新しい妊活サプリです。

妊活サプリは「妊娠すること」を目的としたサプリですが、実際に妊娠してからも飲み続けていいのでしょうか。

ベジママは妊娠初期まではおすすめ

結論からいうと、ベジママは妊娠初期(4~15週)まではおすすめできるサプリです。

なぜなら、妊娠初期に欠かせない栄養素であるモノグルタミン酸型葉酸が、1日あたり400μg摂れるように配合されているため。

モノグルタミン酸型葉酸は、赤ちゃんの先天性異常のリスクを減らすために欠かせない成分。

厚生労働省が推奨している量を、しっかりと摂ることができますよ。

一方、妊娠初期にはおすすめですが、妊娠中期以降はベジママはおすすめできません。

それは、ベジママには鉄分やカルシウムが配合されていないからです。

妊活中の鉄分やカルシウムの摂取量は、一般の人とほぼ変わりません。

わざわざ妊活中にサプリで補う必要などないので、ベジママには含まれていないのですね。

葉酸がしっかり摂れることからも、ベジママは妊娠初期にもおすすめのサプリだと言えるでしょう。

まとめ

ベジママは妊活中だけでなく、妊娠初期にもおすすめのサプリだと言うことが分かりました。

妊娠初期は、意外と妊娠したことに気づかずに妊活サプリを飲み続けていたという人も多いもの。

たとえそうなっても、妊娠初期に不適切な成分は一切含まれていないので安心してくださいね。

できることなら、妊娠初期まではベジママを飲み続けることをおすすめします。