ベジママに鉄分が含まれていない理由とは

妊活サプリや葉酸サプリには、大抵鉄分が含まれています。

これは妊娠中から出産後まで飲むことを考慮して作られているため。

妊娠中は母体の貧血防止、出産後は母乳のために鉄分は必須ですからね。

さて、ここで紹介する妊活サプリのベジママには、鉄分は含まれていません。

なぜ鉄分が含まれていないのか、その理由について紹介していきましょう。

ベジママは「妊娠する」ことに焦点を当てたサプリ

今まで、妊活中というとマカや葉酸が主流でした。

しかしそれらでは妊娠できないという人も多く、更に「妊娠すること」を考えたサプリがベジママなのです。

ベジママに含まれるピニトールは、アメリカでは不妊治療にも使われている成分なんですよ。

ベジママは妊娠することを目的としたサプリであり、妊娠中の栄養補給を目的としたサプリではありません。

また、鉄分に関していうなら、非妊娠時に必要量は10.5mgですが、妊娠初期は8.5mg。

これは生理による出血がなくなるためですが、妊娠前や妊娠初期には特別鉄分は必要ないのです。

食事で十分補える量であるため、ベジママには配合していません。

妊娠中に鉄分が必要なのは、中期から後期にかけてで、この時期は1日あたり21mgほど必要になるため、サプリなどで補うようにしたいですね。

まとめ

ベジママは妊娠することを目的としたサプリなので、妊娠中期以降に必要な鉄分は含まれていません。

良いといわれる成分をあれもこれもと詰め込むのではなく、本当に必要なものだけを配合しているのです。

なかなか妊娠できないと悩んでいる人は、ぜひベジママを試してみてはいかがでしょうか。