ベジママに配合されているピニトールとは

ベジママの最大の特徴といえば、他の葉酸サプリにはない「ピニトール」が配合されているということ。

ピニトールがベジママの強みといっても過言ではないのですが、そもそもピニトールとは何なのでしょうか。

あまり聞き慣れない成分なので、なんとなく心配にもなりますよね。

ベジママのピニトールについて、紹介しましょう。

ピニトールは不妊に効果的な成分

ピニトールは不妊に効果があるとして、アメリカでは初期の不妊治療にも使われている成分です。

特に排卵障害の1つである多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果があるとされており、注目を集めているんですよ。

ピニトールには血糖値を下げる働きがあり、それによって男性ホルモンの値を下げる(正常にする)ことができるそう。

排卵障害の多くはホルモンバランスの乱れによるものなので、ピニトールが効果的なのですね。

それだけではなく、ピニトールは体内でカイロイノシトールという成分のサポートをします。

なかなか妊娠できない人は、このカイロイノシトールが足りないと言われており、このことからもピニトールを摂取することが良いと言われているのです。

ベジママに配合されているピニトールは、自社栽培のアイスプラントから抽出したもの。

1日あたり260mgが摂取できます。

260mgというと、豆乳なら693ml、大豆なら433粒、ルイボスティーなら87杯に該当する量。

これだけのピニトールを、わずか4粒で補えるのですから簡単ですね。

まとめ

ベジママに配合されているピニトールは、不妊を改善する力が非常に高いと言われている成分でもあります。

ピニトールが配合された葉酸サプリはほとんどないので、なかなか妊娠できないと悩んでいる人にはベジママはかなりおすすめ。

まずは気軽に、ベジママを始めてみてはいかがでしょうか。