ベジママには副作用がある?

サプリを飲むときに気になるのが、副作用に関すること。

サプリは健康食品であって薬ではないため、基本的には副作用が出ることなどありません。

しかし、口コミの中には「飲んだら気持ち悪くなった」という人もいます。

副作用があるサプリなど、正直怖くて飲めませんよね?

ベジママには副作用があるのかどうか、調べてみました。

ベジママに副作用はないが、アレルギーや過剰摂取には要注意

冒頭でもお話しした通り、ベジママはサプリなので副作用はありません。

しかし、アレルギーや過剰摂取による症状が出る恐れはあります。

ベジママはアイスプラントから抽出したピニトールを主成分にしており、ルイボスなども含まれます。

大豆や野菜を原料にしていますから、それらにアレルギーがある人はアレルギーの症状が出ることも否定はできません。

もしも何かしらの食物アレルギーを持っているという人は、ベジママを飲む前に「原料欄」をきちんと確認しておきましょう。

また、過剰摂取による副作用もあります。

たとえば飲み忘れたからといって2日分や3日分をまとめて飲むと、栄養素の過剰摂取になってしまいますよね?

サプリはたくさん飲めばいいというわけではないので、飲む量はきちんと守るようにしてください。

過剰摂取をすると、吐き気や食欲不振などの症状が出ることがあるようです。

まとめ

ベジママには副作用はありませんが、アレルギーの人や間違った飲み方をしている場合は、副作用のような症状が出ることがあります。

もしも体に異変を感じたら、アレルギーや過剰摂取になっていないかを確認してみてください。

過剰摂取をやめても症状が良くならないときは、必ず医師の診察を受けてくださいね。