ベジママとPCOSの関係とは

ピニトール配合のベジママについて調べていると、「PCOS」というワードがヒットします。

PCOSとは、一体何なのでしょうか。

ベジママとPCOSの関係についても、合わせて紹介していきましょう。

PCOSとは多嚢胞性卵巣症候群のこと

まず、PCOSとは多嚢胞性卵巣症候群のことをいいます。

多嚢胞性卵巣症候群のことを英語でPoly Cystic Ovary Syndromeということから、頭文字をとってPCOS(ピーコス)と呼ばれているのですね。

PCOSは不妊の原因の1つと考えられていますが、決して珍しいものではありません。

誰でもなる可能性のある、非常にポピュラーな病気なんですよ。

PCOSについて簡単に説明すると、普通は卵胞内で育った卵子は、時期が来ると卵管へと排出されます。

これがいわゆる「排卵」です。

しかしPCOSの場合、うまく排卵することができず、卵巣内に多数の卵胞が残ってしまうのです。

排卵が行われないわけですから、当然妊娠することもできません。

自覚症状としては生理不順があげられますが、妊活をするまでは生理不順があっても気にしない人がほとんど。

そのため、妊活をし始めてからPCOSに気づく人も多いのだそう。

ベジママには、そんなPCOSの改善に効果のあるピニトールを配合しています。

ピニトールはホルモンバランスを整えてスムーズは排卵を促す作用などがあるため、PCOSの改善に役立っているのですね。

実際、PCOSの改善のためにベジママを飲んでいる人はたくさんいるようです。

PCOSは放っておいても治るものではありませんから、妊娠したいと思うのならベジママのようなピニトール配合のサプリを飲むことをおすすめします。

まとめ

ベジママとPCOSの関係について紹介しました。

PCOSは年齢に関係なく、誰にでも興りうる可能性があります。

今のところ治療法も確立されていないので、ベジママなどのサプリで改善していくしかありません。

ベジママを飲んでPCOSを改善し、妊娠できるよう頑張りましょう!