ベジママが多嚢胞の人におすすめなのはなぜ?

なかなか妊娠できない理由の1つに、排卵障害があげられます。

何らかの理由で排卵がスムーズに行われず、そのせいで妊娠ができないのです。

そんな排卵障害の1つが、多嚢胞。

正式には、多嚢胞性卵巣症候群といいます。

妊活サプリのベジママは、そんな多嚢胞の人におすすめと言われているのですが、それはなぜなのでしょうか。

多嚢胞とベジママの関係について、紹介していきましょう。

多嚢胞とはどんな状態?

通常、卵巣内の卵胞が発育し、その中でもっとも良いものが卵子として排卵されます。

しかし多嚢胞の人は、卵胞はある程度の大きさまで育つものの、排卵に至るまでは成長しません。

排卵されなかった卵胞が「嚢胞」となり、卵巣内に残ってしまいます。

これによって卵巣が腫れてしまい、更に排卵しにくい状態を作ってしまうのです。

排卵の準備はできているのに排卵できないので、生理不順や無排卵月経などの症状を引き起こしてしまうことも。

そんな多嚢胞を改善するのにおすすめなのが、ベジママ。

ベジママに配合されているピニトールには、多嚢胞を改善する効果があると言われているのです。

ベジママには妊活中や妊娠初期に欠かせない葉酸も含まれていますから、「多嚢胞で妊活中」の人にはまさにうってつけのサプリメントと言えるでしょう。

実際、ベジママの口コミを見ていると、たくさんの多嚢胞で悩む人が選んでいることが分かりますよ。

まとめ

ベジママにはピニトールが含まれているため、多嚢胞の人におすすめだということが分かりました。

多嚢胞の人は、まずは多嚢胞を改善するのが妊娠への近道だと言えます。

ベジママなら、そのお手伝いができると思います。