プラス思考は潜在意識レベルから尊重の感情を!

  • 2014年7月11日
  • 2014年11月27日
  • 未分類
  • 0件

幸せになるにはプラス思考って必要不可欠ですよね。

前向きの姿勢にそのようにするには強烈なマイナス思考といったことを違うものにする行為がとても大事なことです。

ネガティブな思考で生きている方がよくしてしまう好きではない考え方の癖といったことでいうのは、身近な人もしくは身近な人見合わせてみて「秀でている人が妬ましい」という風にあまり受け入れてもらえない考えをもってしまうということことなのです。

例えばの話友達が恋人とゴールインするという知らせをよこしてきたとき君はどう思いますか。

表では「いいなあ!」と祝福していたとしても頭の中では「祝福するべきことだけど自分なんて彼氏もまだいないしずっと一人なのかなと思うと病む」と、こんな悩ましい気持ちことなどを心に抱いてはしてるんじゃない。

こういった後ろ向きな思考であるのでこのような周りと比べて歪んでマイナスに解釈したりしてしまうことなどなどをやめてしまえばプラス思考を持つ人になっていくでしょう。

本来としては天秤にかけるものではなく区別を持っていることが必要です。

自分自身にはいいところがあり相手には相手の優れたところがあり比べようのない人格があるがあるんだという考え方を正確に理解する大事である。

楽観的な思考もしくはマイナスな思考も、本当は「当たり前になってしまった」で決まります。

楽観的な思考が決まってしまっている人は何が起きてもポジティブに捉えて、マイナスな思考が癖になっている人はネガティブに捉えるようなカラクリが作られてしまうのです。

例えば友達の結婚や取引先と契約が決まった場合は「私は友達と違って不幸だ…」と思考するのはやめ、「私にもできる」という思いや読み取りを増大させ慣れさせていき、自分に染み付けば明るい思考になります。

人の幸福と私の幸せ、どっちが幸か不幸かなどと考えたら途方もありません。

前向きな思考の人は幸福な気持ちを人と比べません。

今が幸せ。

「私は人とは違う」その気持ちを持っていれば大丈夫なのです。

これ以降は自分と相手を明確に分け見合わせるのをやめて、各々が「輝ける個性」なのだというリアルを見識し互いに尊敬して大事にしていきませんか。

実践していくとプラス思考に徐々に近づいていくようになることができるでしょう!マイナス思考は比較すること