プラス思考は比較しない思考

  • 2014年7月15日
  • 2014年11月27日
  • 未分類
  • 0件

時間が空いたので以前から気になっていたプラス思考について調べてみました。

幸せになる為のプラス思考のような考え方になるには偏った嫌な考え方ではない考え方に変更する行いが大事なことです。

異常な思考で生きている場合がよくしてしまう好ましくない常用癖などでいうのは、他者もしくは身近な人天秤にかけてみて「秀でている人が妬ましい」という風なマイナスな考えで流されるのです。

例として友達が結婚するという連絡をしてきたとき友人のどのように思うでしょうか表では「おめでとう」と祝ってしてみても心の奥では「お祝いしたいけど自分自身に相棒なんていないし結婚相手が現れるのかどうか不安だ…」ようなこのような憂わしげな気持ちことなどを心に抱いてはしてる?こちらが嫌な考え方はよくないのでこのような見比べて好ましくないほうに考えたり捉えたりしちゃうようなことをやめてしまえば明るい思考の人間に変化していきます。

本当なら比較するべきものではなく分けて考えられる思考などが重要です。

自分には自分の素晴らしさがありみんなにも素晴らしさがあり比べられない個性があるがあるよっていうことを完全に信じる必要があります。

プラス思考といったことやネガティブな思考も、見方によっては「当たり前になってしまった」なのです。

プラス思考決まってしまっている人はどんなことが起きても良い方に捉えて、マイナスな思考が癖になっている人はネガティブに捉えるような生き方が出来上がるのだ。

例えば友人の結婚が決まったり会社で昇進した場合は「妬ましいなあ・・・」と比較するのではなく、「友達も出来たんだから私にも出来るはず」という思いや見解を増やして決めていき、自分のものにしていけば幸せになる為のプラス思考になることができます。

他の人の幸せとこっちの幸せ、どっちが幸か不幸かと考えていたらキリがないのです。

前向きな考えの人は幸せの量を他者と比較するなんてことはしません。

ありのままで幸せ。

「自分は自分、他人は他人」そういった気持ちがあれば問題ありません。

今後は自分と他人との違いを認め照らし合わせるのをやめて、おのおのが「ハイポテンシャルの個性」だという事実を呑み込みお互い尊敬してしてみませんか。

そういったことで幸せになる為のプラス思考に徐々に近づいていくようになるはずである。

プラス思考は無意識レベルから尊重の感情を!