プラス思考な言葉は比較しない個性を尊重した言葉

  • 2014年7月14日
  • 2014年11月27日
  • 未分類
  • 0件

本日はプラス思考について書きたいと思います。

ポジティブ思考のような考え方に考えを持つためには偏りがあるマイナスな思考などをチェンジさせることが意味あるであるといえます。

ネガティブ思考な者のよろしくない考え方の癖ことなどで際立つことは身近な人と自分と比較してしまって「世の中不公平だ」などの暗い考えで流されるではないでしょうか。

例えばの話自分以外が結婚するというを聞いたら友人としてのあなたどう思いますか。

口では「結婚オメデトウ!」と喜ばしくしていたとしても心の中では「お祝いしたいけどアタシなんて気になる人もまだいないから孤独に生きるのかどうか怖い…」などこんな病んでいるようなことなどを持ったりいないでしょうか。

これが人とは違う思考な考え方なのでこのような周りと区別してよくないようにマイナスに解釈したりしてしまうことをやめてしまってプラスになるような思考の人間になるのである。

本当は他人と比べるものではなく分別してなどが大切である。

自分自身の自信を持っていいところ相手のいいところ比べられない個性があるという考え方を100%理解する大事なのです。

明るい思考や人とは違う思考などはいずれにしても「クセ」です。

楽観的な思考が習慣になっている人はどんなことでも楽観的に捉えて、褒められないような考え方が癖になってる人良くない方に考えるような制度があるのです。

もしもの話友人のおめでたいことや仕事の成績が良くなった場合は「私は友達のように出来なくてダメだ…」と思考するのはやめ、「なら私も頑張るぞ!」という気持ちや見解を増やしてクセにしていき、一般化すれば幸せになる為のプラス思考となる。

人の幸せと自分の幸福、どちらが幸せか不幸かといったようなことは終わりがありません。

前向きな考えの人は自分の幸福の度合いを人と比較するなんてことはしません。

今が一番幸せ。

「自分は自分、人とは違う」そういった気持ちがあれば大丈夫なのです。

これからの考え方としては自分と人が違うことを理解して比べずに個人個人が「ダイヤの原石」なんだと現実を把握して互いに尊敬して大事にし合っていきませんか。

それができればプラス思考で取り組めるようになっていくことができるでしょう。

プラス思考になる方法は比較をやめることも大事