ブドウ糖の存在とインスリンが血糖値を下げる仕組みについて

恐らく皆さまも一度は聞いた事があるブドウ糖や血糖値と言う言葉ですが、これらはどの様に関係されているのかと言う事についてご説明をさせていただきます。分かりやすくご説明しますと、車がガソリンを基にして稼働する様に私達も血液中のブドウ糖がベースとなって生命活動を育んでいます。またブドウ糖を摂取できる食材は主に白米やパンなどの炭水化物や芋類やお菓子類の糖分に含まれています。そして血液中に溶け込んだブドウ糖が全身に運ばれて筋肉や脳、内臓が稼働するエネルギーとなっています。

そして血液中のブドウ糖は一般的に『血糖』と呼ばれていまして、食事をすると量が増えて1~2時間後をピークとして減って行きます。また血糖の量は主に食生活の要因によって変動しますが、健康体の方であれば上手くコントロールされています。その仕組みと致しましてはインスリンと言うホルモンが影響しています。インスリンはすい臓にあるランゲルハンス島と言う組織の中のβ細胞で生産されていまして、食事による血糖の量が増えるとβ細胞が反応をしてインスリンを分泌し始めます。全身の臓器に血糖が届くとインスリンが働いて臓器が血糖を取り込み、エネルギーに活用したり貯蓄、またタンパク合成や細胞増殖を促進させるのです。

この様にインスリンの働きによって血糖を平均値に保つ事ができるのです。また主なインスリンの働きと致しましては体内のほぼ全ての臓器に対してブドウ糖を取り込ませてグリコーゲン(貯蔵糖)が合成される促進をします。また脂肪が合成される促進のサポートも行いますが、仮にインスリンの分泌量が少ないと

血糖が一定基準量を超えても高い状態が続いてしまうのです。そうすると糖尿病になってしまいますので、ブドウ糖のバランスを保つにはインスリンが欠かせない存在となるのです。