フェレットをしつける場合の注意点

まずはフェレットが好奇心旺盛で、イタズラ好きな動物だということを思い出さないと行けません。
フェレットはわざと飼い主が怒るようなことをして、飼い主の注意をひくようなことをしてしまいます。
小さな人間の子供のように、怒られるのもひとつの遊びなのです。
そういうこともあり、フェレットの躾には根気が必要です。ですが、叩いたりしては行けません。
フェレットに想像以上のダメージを与えてしまったり、飼い主との信頼関係を壊してしまいます。
フェレットを叱る場合、首の後ろを掴み振り回すという方法が取られます。ただし、フェレットは高い所から落ちても受け身を取れないので、もう一方の手で支えてあげる必要があります。
これと強い禁止の言葉で叱るのが有効です。
それでも、フェレットが面白がって繰り返す場合、安全な場所を選んで、先程の首の後ろを掴み、引き摺るのが有効です。
フェレットは飼い主を自分よりも強い仲間同として認識します。
フェレットは遊び好きで、好奇心旺盛な動物です。小さな子供のような性質です。基本的に何をするかわかりません。ですので、子供にフェレットを任せるのは危険です。
フェレットは面白がって噛みついたり、隙を見て屋外に逃げ出したりする動物です。フェレットと遊ぶときは大人が近くで見ていて、大人が責任持ってしつける必要がある動物です。





続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。