ノンカフェインのお茶なら血糖値を下げられる

ノンカフェインの飲み物は妊婦や子供でも安心して飲めます。
実際、妊婦や子供はなるたけ、カフェインを摂取してはいけません。

だからこそ、ノンカフェインの飲み物が求められます。
さて、話は変わって糖尿病患者は妊婦でも子供も大勢います。
だからこそ、ノンカフェインでしかも血糖値を下げることができるお茶が必要です。

血糖値を下げることは糖尿病の予防にも役立ちます。
ノンカフェインのお茶なら杜仲茶でしょう。
ちなみに杜仲茶は奈良時代に中国から入ってきたんだそうです。

しかも、昔から滋養強壮のお茶として飲まれていました。

血糖値を下げるのはアディポネクチンという成分です。

この成分、インスリンをサポートして血糖値の急な上昇を緩やかにする効果があります。
杜仲茶にはアディポネクチンが含まれているおかげで血糖値を下げるお茶になります。

なので、杜仲茶を飲むことで糖尿病などの病気の予防もできます。
杜仲茶にはゲニポシド酸という成分が含まれています。
この成分が副交感神経に作用した結果、血流の抵抗を下げてくれます。
その結果、血圧を下げることができます。

そこで、高血圧に付随して起きる、めまい・腰痛・しびれ・血栓の抑制効果が期待できます。
その上、コレステロール値も下げてくれるので生活習慣病の予防にも強い味方になるお茶になります。