ツイッターは趣味というよりもう中毒

ツイッターをすることが好きです。
私の場合趣味で楽しいというよりは、もうツイッターで呟くことが中毒になってしまっている気がします。
私はそんなに沢山の人とは交流していません。
全然知らない人のことはフォローしないし、本当に親しい人とだけの交流を楽しんでいてツイッターで新たな友達を作ったりということは殆どありません。
私の場合ツイッターで友達と交流することが好きということもありますが、それ以前に独り言を呟くということ自体が好きなんだと思います。
独り言が好きだったのは今に始まったことではありません。
幼稚園くらいの頃から独り言は言っていましたね。
どんなことを言っていたかは分かりませんが、独り言でお話しを作っていたりしたくらい。
それ、ツイッターでも今でもたまにやっちゃいます(笑)。
そんな私は実年齢よりもかなり精神年齢の低いツイートばかりしていると思います。
だから交流している子達にはスルーされたりすることもありますが…(笑)。
目覚めたらツイッターをすぐやるし、寝る直前まで何かしらツイートしていますからね。
つい数分前まではローカル番組を見ながら「食べたいなー」など実況をしていました(笑)。
同じ県内のフォロワーさんはいないから意味不明だったと思います。
そんな自由さがたまらないです。