ダイエットのお供に!玄米クッキーは低GI値のおやつ


玄米は食後の血糖値が急上昇するのを防ぐために最適な主食ですが、アレンジしてクッキーにすればお腹が空いた時に食べれるおやつにもなります。

玄米クッキーは玄米粉から作ります。クックパッドによると、甜菜糖、豆乳 、米油、ベーキングパウダーを混ぜて作る人もいれば、黒砂糖、玄米胚芽、なたね油を利用する人もいます。アレンジしてドライフルーツを入れる人もいますし、材料に決まりはありません。ホットケーキミックスに玄米フレーク、卵、バターをいれる玄米クッキーもありますが、ダイエットのためなら卵やバターは控えるのが良いです。

材料を集めたら、それをミックスして薄く伸ばし、型抜きをして焼けば玄米クッキーが出来上がります。低カロリーでダイエットに良し、グルテンフリー、低GI値クッキーと健康にも良いクッキーが出来上がりです。

もしお菓子作りが面倒くさいと思うなら、玄米クッキーは購入する事もできます。種類は多く、無農薬玄米を利用したクッキーや、防腐剤不使用クッキーもあります。玄米クッキーを購入する場合も同じく、卵や牛乳を使用していないクッキーを選びましょう。発芽玄米を使用してるクッキーであっても、原材料に卵を利用してるクッキーもあります。そのため、一見すると良さそうなクッキーでも原材料を見て購入するのがベストです。

そして価格は、8枚で400円のクッキーもあれば30グラムが6袋入りで2540円のものもあります。

楽天市場で玄米クッキーを検索すると、マイセンのクッキーが多くヒットします。マイセンは卵や牛乳を使っていない玄米クッキーなので、ダイエットやアレルギー食に向いています。

玄米はご飯として食べても良し、パンやクッキーにしてもおいしく食べれますよね。玄米をご飯で食べるのは苦手だから白米が食べたい!という人は、玄米クッキーを食べてから少し減らして食べても良いでしょう。ただし、玄米クッキーは太らない訳ではなく、たくさん食べれば太ります。玄米クッキーならばおやつは食べ放題って訳ではないので注意しましょう。