コーヒーは血糖値を下げられる理由

コーヒーにはカフェインが含まれています。
このカフェインが血圧を上げたりカルシュウムを流出する作用があります。
最近、健康のためにカフェインを取らないよう、コーヒーを避ける人も増えています。
だけど、そんなコーヒーに血糖値を下げる効果があると話題になっています。

というのも、カフェインには血糖値を上げる作用と下げる作用、双方相反する効果があるからです。
まず、上げる作用から見てみましょう。

カフェインを摂取すると副腎髄質から分泌されるホルモンのアドレナリンを増やします。
このアドレナリンが血糖値を下げるインスリンの分泌を抑制してしまうわけです。
なので、インスリンが分泌する間にコーヒーの摂取はやめておきましょう。

血糖値が上がってしまいます。

逆に下げる効果はカフェインがPGC1αという物質を増やす働きがあるせいです。

このPGC1αが血糖値を下げる働きがあるミトコンドリアを活発にします。
この点をみればコーヒーは血糖値を下げられると言えるでしょう。

実際、血糖値を上げるのも下げるのも飲むタイミングです。

なので、インスリンが分泌しない間に飲めばいいだけです。
血糖値が気になるのなら食前や空腹時にコーヒーを飲んだ方がいいでしょう。