グァバは血糖値を下げてくれる

グァバは熱帯性の植物で、沖縄では庭先に生える事もあります。栄養価が高く、健康に良い事からグァバ茶やサプリに配合されるのが有名です。

グァバが健康に良いのは、ポリフェノールが含まれていて血糖値を下げる働きがあるからです。
ポリフェノールと言っても種類があり、特徴は様々ですが、グァバ葉ポリフェノールは緑茶カテキンポリフェノールよりも分子が大きく、腸で吸収されにくいのが特徴です。腸で吸収されなければ、そこに留まって血糖値の上昇を長く防ぐ事ができます。そのため、グァバ葉ポリフェノールは優秀で体の中でより効率良く働くポリフェノールと言えます。

そして、グァバ茶は食前よりも食中~食後に飲む方が糖尿病を予防できます。料理と共に飲み、たべ終わったら一息付きながらグァバ茶を飲むと心も体もほっとするでしょう。

グァバ茶の色はウーロン茶や紅茶と同じく茶色です。味は薄いウーロン茶とも言われていますし、苦味が癖になるとも言います。あまりおいしくないと感じる人もいるので、独特な味とも言えます。茶葉を煮てお茶を作る場合は、煮すぎると苦味が強くなるので注意しましょう。味が合わないかなと心配するなら、ティーパックタイプでまずは1杯飲んでみると良いですよ。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)