キャベツが血糖値を下げるのは食物繊維が豊富だから

キャベツと言ったら豊富な食物繊維が含まれているのは有名ですよね。食物繊維は便秘を改善するのに良いのも有名ですが、血糖値を下げる働きもあるのです。

食物繊維は、水分を含むとドロドロの形状になります。そして、このドロドロの食物繊維に腸内の糖質が絡み付きます。食物繊維はゆっくりと消化吸収されていくため、食物繊維に絡みついた糖質もゆっくりと吸収されいきます。つまり、糖質が血液の中にすぐにいっぱいになるのを防ぐため、血糖値が下がりやすいのです。

さらにキャベツは葉物であり、よく噛んで食べないと飲み込めませんよね。噛むと唾液が分泌されて消化しやすくなったり、満腹中枢が満たされやすくなっていきます。糖尿病になるとカロリー制限をされる事もありますが、キャベツはすぐにお腹が満たされるので糖尿病でも食事に利用しやすい食材です。

野菜から食べると血糖値の上昇を防げるため、食事でキャベツを先に食べるようにすると糖尿病を予防しやすくなります。好き嫌いや忙しさなどからキャベツを食べる習慣を付けるのが難しければ、サプリメントなどの健康食品で食物繊維を取っていくと良いですよ。

キャベツを食べる時はなるべくたくさん噛み、ゆっくりと食事をすればダイエットにもなります。キャベツはダイエットも血糖値を下げる役割もある万能野菜なのです。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)