ガードのし過ぎにご注意を!

男性にモテたいと思うのは、
女性なら全員抱いていると思います。
しかし、
自分自身を男性から
ガードし過ぎていませんか?
例えば、
『第一ボタンなんて開けない』
『男性から話しかけられてもあまり話さない』
『男性とは誰であろうと一定の距離を離しておく』
…など、どう考えても
ガードが強すぎて
男性が入る隙間が一切ありません。
「分厚い壁を破ってこそ男」
とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、
これでは、分厚いと言うよりも
鉄の壁になってしまっています。
流石にどんな男性の方でも
この鉄の壁は壊せません。
自分の身は自分で守るとお考えの方が
このようなハードガード型女性に
なりやすいそうです。
確かに、自分の身は自分で
守らなければなりませんが…
少し極端すぎるのではないでしょうか?
このままでは、
自分に気がある人が
居なくなってしまいます。
決して軽い女性になれと
言っているわけではありません。
そうではなく、
『にこやかに話してみる』
『自分から話してみる』
『完璧ガードではなく自然に振る舞ってみる』
など、今までより少し
ガードを低くしてみては
どうでしょうか?
そうすれば自然といろんなタイプの
男性が向こうからやってくるはずです。
ガードしすぎるのではなく、
自然に振る舞って、
相手にスキが見える程度の方が
ちょうど良いはずです。
ガードが強すぎると、
話しかけるに話しかけれず、
諦めてしまう可能性があります!





続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。