ガッテンでも紹介された血糖値を下げる食品の1つがきのこ

NHKの健康番組であるガッテンでは、血糖値を下げるために腸内細菌が関係してると紹介していました。これは、食べ物が腸に入るとインスリンの分泌を促すからです。ガッテンでは、腸のスイッチと呼んでいます。このスイッチはインクレチンというホルモンで、すい臓に働きかけてインスリンの分泌を促します。腸内には細菌が数え切れないぐらい住み着いていて、スイッチは腸内の細菌によって影響されます。

腸内細菌で関係するのが、水溶性食物繊維です。細菌を増やすためには水溶性食物繊維を多く含む食品を食べるのが良いです。きのこは水溶性食物繊維を多く含むため、腸内細菌を増やしてスイッチ(インクレチン)を強く押し、インスリンの分泌を助けます。それにより血糖値の上昇を抑えれるため、きのこは血糖値を下げる食品と言われます。

水溶性食物繊維が多く含まれる食品は、きのこ以外でもごぼうやたまねぎ、ひじき、わかめ、おくら、納豆などです。そして腸内細菌といったらヨーグルトですが、ヨーグルトは糖質を含むものが多く、血糖値が上がりやすい食品です。そのため、なるべく糖質を含まないヨーグルトを探して口にするのが、腸内細菌を増やしながらも血糖値の上昇を抑えるコツです。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)