オリヒロで血糖値を下げるお茶を選ぶなら「賢人の緑茶」

オリヒロは群馬県高崎市にある会社で、様々な健康茶を発売しています。その中でも血糖値を下げるお茶としてお勧めなのが「賢人の緑茶」です。
賢人の緑茶は機能性表示食品で「食後の血糖値が気になる方へ」とパッケージに書いてあるので血糖値を下げたい人の目に止まりやすいでしょう。

機能性表示食品とは2015年から登場した表示で、す。事業者が科学的根拠をもとにパッケージに「脂肪の吸収をおだやかにする」など機能性を表示するものであり、消費者庁に届け出られた食品が機能性表示食品と呼びます。安全性や機能性の条件をクリアしている事からも、一般的な商品よりもワンランク上の食品が機能性表示食品と考えると分かりやすいでしょう。つまり、賢人の緑茶はパッケージに「食後の血糖値が気になる方へ」と書いてある通り、緑茶の中でも血糖値との関係がハッキリしてるお茶と言えます。

賢人の緑茶に配合されてるのは、難消化性デキストリンとGABAです。難消化性デキストリンは食物繊維の1つで、血糖値の上昇を防ぐ役割があります。GABAは血圧をコントロールする他にも、ストレスを緩和して糖尿病のリスクを減らします。

賢人の緑茶は粉末タイプなので飲みやすく、緑茶は日本人好みの慣れた味なので血糖値を下げるのに飲む習慣がつきやすいでしょう。