イエスとブッダのほのぼのコメディ「聖(セイント)おにいさん」

中村光先生の「聖(セイント)おにいさん」は、日本ならではの漫画ではないでしょうか。
仏教の教祖ブッダと、キリスト教の教祖イエス・キリストが、日本でアパートをシェアして休日を過ごすというのが、主なストーリーです。
その日本で、神である彼らはいろんな事に出会い、何かをしでかしたり、何も起こらなかったりと、のんびりとした漫画です。
しかし、宗教を扱うのは、ある意味タブーですよね。
それをまた、キリスト教と仏教という、三大宗教の内の2つの教祖を一緒に生活させるという、とてつもない事ができるのは、日本しかないでしょう。
でも、作品を読んでいると、そんな事など全く気にならずに面白く読む事ができますよ。
この作品は、それぞれの宗教の教えや教典を知らなくても楽しめますが、私が好きなのは、知っていると、より楽しめるという点です。
それこそ、聖書に載っている内容までギャグにしてしまうのです!
恐るべし!中村光先生!
かなり、各宗教の内容に詳しいとお見受けしました。
この「聖(セイント)おにいさん」を読んでいると、聖書や仏教の教典、教えなどを知りたくなりますよ。