ごまのセサミンは血糖値を下げる

ごまはセサミンという成分が含まれています。セサミンはサプリにも登場する成分で、活性酸素を除去する役割や血糖値を下げる役割があります。そして、セサミンを使った動物実験では血糖値の上昇を抑えれたという結果まであります。こういった実験から、ごまは血糖値を下げるのに役立つ食材だと分かります。ご飯にかけて食べるなど、ふりかければごまは摂取できるので料理をあまりしない人でも、ごまのセサミンは摂取しやすいですよね。

そして、ごまと言ったらごま油です。油と聞くと体に悪そうなイメージがありますが、ごま油の油は多くの割合でリノール酸やオレイン酸からできています。これらは血中コレステロールを減らしたり、血圧を下げる働きがあります。さらに、インスリンの分泌をコントロールする役割まであるのです。

しかし、リノール酸やオレイン酸は酸化しやすいというデメリットもあります。ところが、ごま油に含まれるゴマリグナンはその酸化を抑える働きがあり、ごま油は油と言えども体に悪い油ではないのです。

ごま油も和風スープや中華風スープにたらして摂取したり、チャーハンや炒め物に利用したりと広く使えます。血糖値を気にするなら、ごまやごま油で簡単に血糖値を下げる習慣を始められます。