ごぼうは食物繊維を2種類持つから血糖値を下げるのに便利

血糖値を下げるために必要な成分が食物繊維です。食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。水溶性食物繊維は食べ物の吸収を穏やかにし、不溶性食物繊維は排便をスムーズにします。ごぼうには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれているので、血糖値を下げるのにWで効果を期待できます。

ごぼうに含まれる水溶性食物繊維は、イヌリンと呼びます。イヌリンは体内でゆっくり吸収されるため、一緒に食べた糖質まで吸収スピードを下げてくれます。その結果、血糖値が下がります。さらにイヌリンはオリゴ糖の一種であり、腸内環境を良くする働きもあります。腸内環境が整うとインスリンの分泌を促せるため、血糖値の上昇を防げるのです。

ごぼうの不溶性食物繊維は、便を体内に溜めないで排出を促します。便が体内に留まると腸内環境は悪くなりやすく、インスリンの分泌を効率良くできません。また、体内に溜まった便からは毒素が発生します。ごぼうは便の排出をサポートし、腸内から血糖値を下げるのを助けてくれるのです。

ごぼうは腸内環境を整えてインスリンを分泌しやすくし、食べ物の吸収スピードを遅らせて血糖値を下げます。Wで血糖値をコントロールできる食材なのです。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)