おすすめできる玄米の種類

無農薬の玄米がおすすめ

玄米といっても種類は様々で、健康面で優れている商品もあれば、おすすめできない商品もあります。
もし健康面を考えて玄米を選ぶのなら、無農薬の商品がおすすめです。

玄米は白米に比べて、付着している農薬が落としきれないという欠点を持っています。
農薬は、多少の摂取なら問題ありませんが、多く摂取してしまうと健康面に問題が出てしまいますので、できるだけ摂取量を抑えなければいけません。
玄米で農薬の摂取を極力抑えるようにするためにも、無農薬のものを選ぶことがおすすめです。

栄養の摂取量を多くしたいのなら、発芽玄米がおすすめ

少ない量でできるだけ多く栄養を摂取したいと考えているのでしたら、発芽玄米がおすすめです。
玄米は栄養が豊富に含まれているのですが、しかし、白米に比べて吸収しにくいという欠点があります。
白米よりも玄米は消化しにくいため、吸収に影響が出てしまい、栄養が十分含まれていても、全ての力を得られていません。

発芽すると、糠が変化するようになります。
今までは、硬い表皮のようになっていたのですが、発芽することで栄養素や食物繊維が分解され、他の栄養素に変化するため、柔らかくなります。
白米に近い柔らかさになるため、消化吸収されやすく、含まれている栄養を十分に吸収することができます。

消化吸収されやすくなるため、玄米に比べるとダイエットに良い食べ物とはならないのですが、栄養面だけを考えた場合はおすすめです。

まずはお試しで玄米を食べてみるのがおすすめ

玄米は、そのまま食べても美味しいのなら、美味しさを追求しなくても良いかもしれませんが、しかし、美味しさの面では白米に比べて劣ります。
玄米だけを食べることができない人がいるほど、味が独特で、健康面に優れていても食べられなければ意味がありません。
できるだけ食べられるようにするためにもおすすめしたいのが、一度お試しとして食べてみることです。

玄米の種類により味は変わります。
独特の味が強い物もあれば、比較的食べやすい物もありますので、まずは様々な種類をお試しをしてみてください。