【食事と運動】血糖値下げる要因

基本的に【血糖値を下げる要因】は、食事と運動が主な要因になります。

糖質が多く含まれた食べ物を食べることで、血管内部にブドウ糖(グルコース)の数が増えますが、血液中のブドウ糖を体の各細胞の中に取り入れるという役割をしているのが、『膵臓』から分泌しているホルモン、「インスリン」です。

細胞に取り込まれたブドウ糖は、エネルギー源として使われるので、「インスリン」は、血糖値を下げ、ブドウ糖をエネルギー源にかえるという、大変重要な働きをしているホルモンです。

「インスリン」の分泌が促進され、インスリンの働きのおかげで、血管内部の血糖値が正常に保たれていますが、根本的に【血糖値を下げる】には、毎食の食事と運動がポイントになります。

実際、インスリンの働きを高めるホルモン、”アディポネクチン”もありますが、喫煙することによって”アディポネクチン”の数が減少することが分かっており、口にするもの、食事内容によって血糖値がかなリ左右されます。

「インスリン」分泌を促進させるという、病院での薬物療法もあり、薬と注射薬が、血糖値レベルに応じて治療が行われます。

血糖値が上がって糖尿病になると、病院での定期的な薬物治療は避けることはできません。

ですので、糖尿病になる前に【血糖値を下げる食事】をして、又、インスリンが分泌される『膵臓』を運動などして丈夫にしておくことが大切です。