【蕨野五百羅漢】佐賀県唐津市〜仏石像〜

【蕨野五百羅漢】は、佐賀県唐津市の蕨野にある仏石像群で、禅宗の流れにより、仏教に修行した人たちをモデルに石仏に制作されたものです。

【蕨野五百羅漢】は、1,700年代後半に製作されたもので、約300年以上も経っているので、羅漢は見た目にも古く歴史を感じます。

雨風にさらされ、中には苔が生えているものもあります。

当時、鍋島家の小城藩主2代目直能公によって1,600年後半に建てられた菩薩寺があります。

境内には鍋島家のお墓もあり、まるで、お墓を守っているかのように、お墓の前に羅漢が約200体ほど鎮座しています。

羅漢の石像物が見れる隠れた観光スポットで、周りの風景も季節ごとに緑の色が美しく変化します。

蕨野の棚田の山道を登っていくと展望台にたどり着き、蕨野あたりの風景を見下ろすことができます。

また、羅漢を見ると、静けさの中でたたずむ石仏を前に大変厳粛な気持ちになります。

【蕨野五百羅漢】の近くには<見帰りの滝>があり、あじさい祭りには大勢の人で賑わいます。

、<八幡岳>も近く、標高約740メートルもあり眺めが良いと好評です。

北方には玄界灘、南方には佐賀平野や有明海が望めます。

蕨野の棚田は、棚田百選に選ばれ、蕨野あたりの景色は、重要文化景観にも指定されています。