【佐賀県の銘菓】サクサク、ソフトな甘さの焼き菓子「逸口香(いっこうこう)」

佐賀県の銘菓にどら焼きのようで中は空っぽという、一風変わった和菓子「逸口香(いっこうこう)」があります。
一見すると、どら焼き、ホットケーキ、パンケーキのような感じですが、一口食べると中が空洞になっていることに驚きます。
そのことから別名、からくり饅頭とも呼ばれています。
ルーツは大陸からで江戸時代中頃、長崎街道(シュガーロード)に伝えられました。
「逸口香」を長崎や愛知では、「一口香」と表示されるのだそうです。
小麦粉と麦芽水あめ、黒糖、胡麻を使って焼き上げただけの焼き菓子ですが、あっさりした味の秘密は黒糖と水あめの甘さです。
焼き菓子が空洞になるのは、オーブンで焼くときの熱で黒糖や水あめが溶けて、皮の内側に張り付くからです。
カラメルのような甘さのサクサクとした食感ですが、サクサク感がもっと欲しい場合は、食べる前に冷蔵庫で冷やすとサクサク感が倍増するそうです。
お店によっては、小麦粉に水あめを混ぜて生地を作るときに生姜汁を混ぜて「逸口香」を作っているお店もあり、生姜の風味が良く滋養強壮にもなっています。
また、薬味を入れることにより、保存期間が伸ばせるので効果的です。
柚子入りの「逸口香」もあり、オンラインショップでも購入することができます。