【佐賀県の観光地】月面歩行と同様な体験ができる「佐賀県立宇宙科学餡(ゆめぎんが)」

「佐賀県立宇宙科学館(ゆめぎんが)」は、九州最大規模の自然科学博物館です。
宇宙発見ゾーン、地球発見ゾーン、佐賀発見ゾーン、科学のおもちゃ箱、子どもの広場、プラネタリウム天文台などがあり、体験型施設になっているので、大人も子どもも一日中楽しめる科学館です。
「ゆめぎんが」のキャラクターのウータンが可愛らしく、出身地が小惑星ゆめぎんがということだそうで、好きなものは佐賀県の自然や生き物だそうです。
肩から掛けているプラネタリウム型のポシェットの中には金平糖が入っているそうです。
毎週土曜日の夜には天体観測会が行われ、実際、望遠鏡で夜空に見える星を観測できるそうです。
ゆめぎんがサイエンス教室では、レンズ研磨機を使って望遠鏡レンズの磨き方が体験できるプログラムがあるそうで、ミュージアムでのきもだめしなどのイベントも行われています。
アウトリーチ活動として出張教室プログラムが団体向け、指導者向けにプランされています。
ワークショップではシャボン玉づくりや燃焼・爆発実験をするそうで、様々な体験プログラムが充実しているので、とても楽しく科学を学ぶことができます。
一日宇宙科学館で体験するだけでも楽しく過ごせますが、プログラム参加で継続して科学を学ぶことができます。