【佐賀県の観光地】唐津の観光シンボル「唐津城」

「唐津城」は、海に面した小高い上、石垣でさらに土台硬めされた上に建てられたお城で、天守閣が鶴の頭、虹の松原が鶴が翼を広げた形に似ているので、別名「舞鶴城」と呼ばれ、豊臣秀吉の家臣である寺沢広高によって建てられ、1602年に着工、1608年に完成しました。
しかし、1871年に廃城になり、跡地は公園として利用されていましたが、1966年に現在のようなお城に改装されています。
「唐津城の周辺には、舞鶴公園があり春になると桜や藤の花が咲き乱れるそうです。
お城に上らなくても、舞鶴公園から見る虹の松原方面の景色も絶景だそうです。
お城の上まで、階段で上るのが無理な人はエレベーターで上ることができます。
「唐津城」は、唐津市の北部の海の近くにあるお城なので、玄界灘などお城からの眺めも絶景だそうです。
お城の上には休憩所や茶室もありリラックスでき、夜はライトアップされて、眺めがいっそう美しいそうです。
「唐津城」は、唐津の町にいるとどこからでも見れるそうで、夜にライトアップした「唐津城」は、見逃せない景色だそうで、唐津の街にいる観光客にも人気です。
「唐津城」では展示品なども見ることができ、当時の武将の遺留品や刀、唐津焼などあり見ごたえたっぷりだそうです。