【佐賀県の観光地】「佐賀県立九州陶磁器文化館」(佐賀県西松浦郡有田町)

有田町にある「佐賀県立九州陶磁器文化館」は、伊万里焼や唐津焼など、九州各地の陶磁器が集められている施設です。
展示場では、焼き物の展示のほか、焼き物に対するQ&Aも展示されているので、陶磁器美術品に興味がある大人だけでなく、九州陶磁器について学習できるので、小学生児童にとっても良い学習施設になっています」。
焼き物の作られ方の基本は変わっていないそうですが、今ではガス窯で焼き物が焼かれていますが、昔は、まき窯が使われ、ロクロは、足でけって回されていたのだそうです。
今では機械化され、ロクロは、電気でまわるようになっています。
また、昔の焼き物は、少量しか生産されませんでしたが、明治以降ヨーロッパから輸入されたローラーマシンを使うと一度に約4,000個の大量生産が可能だそうです。
ですので、今も昔も焼き物の制作過程や技術、焼き物を焼くときの温度など基本的なことは変わっていないそうです。
焼き物の絵付けデザインは、古代に作られた焼き物のデザインを参考にされ、現代風にアレンジして絵付けされているのだそうです。
出来上がった焼き物は東京や大阪など、日本全国の主要都市に出荷されるそうです。
昔は、ヨーロッパにも大量に輸出されていたそうです。