【佐賀県の温泉】神功(じんぐう)皇后も入浴されと伝えられている武雄温泉

佐賀県西部武雄市にある武雄温泉は、約1,300年の歴史があり、西暦200年ころにおられた神功皇后(じんぐうこうご)も入浴された温泉です。
温泉街の入り口には、大正初期に建てられたという朱塗りの楼門があり、人目を引く鮮やかな色彩とデザインが特徴的です。
武雄の温泉水は、弱アルカリ性で、入浴した後の肌はツルツルですべすべに潤い美肌の湯として、広く知られています。
武雄にある温泉旅館は、純和風タイプの旅館が多く、天井も高く広々とした間取りの部屋が多いのが特徴的で、御影石づくりの湯舟や檜で作られた湯船の温泉旅館もあり、大変情緒あふれる宿が多いです。
美しい庭園があるかと思うと、美術館があるというホテルもあり、リゾート感覚で過ごすことができ、夜になるとライトアップされた庭園が幻想的で美しい。
約100年の歴史があるホテルでは、アンティーク家具や数々の調度品でインテリアされ、大正時代の雰囲気が醸し出されています。
美人湯で知られている武雄温泉ですが、よもぎ蒸し風呂、岩盤浴、酸素シャワーカプセルなど、エステ感覚で利用できる女性中心に考えられたホテルもあり、選択肢が多い温泉地ともいえます。
武雄市は、あちこちの地域で個性的な焼き物が盛んで、陶芸好きの人は、一度は訪れてみたい温泉地です。