【佐賀県の家庭料理】おふくろの味「だぶ」

佐賀県の家庭料理「だぶ」は、結婚式、初節句、七五三、子どもの日などのお祝い事がある日、仏事にサーブする汁物で、具材は煮崩れしないようなものを使います。
鍋にダブダブに水を入れて煮ることから、この名がついたそうです。
具材の切り方にも決まりがあり、お祝い日には四角に切り、仏事には三角に切るのだそうです。
また、沸日には色鮮やかな具材は避けるのだそうです。
「だぶ」は、佐賀県全土に伝わる、伝統的な郷土料理で、佐賀県の土地によって、博多だぶ、唐津だぶという風に呼ばれています。
鍋にたっぷりのだし汁を入れ、シイタケ、レンコン、ニンジン、里芋、こんにゃくなどの具材を細かく切って煮ます。
具材を細かく切るというところが特徴的で、具材を余すことなくすべて利用するためだそうです。
最後に片栗粉を水で溶いて回しいれ、とろみをつけます。
家庭によっては最後にショウガの千切りを入れるところがあり、最後に入れる薬味等は、各家庭の好みによるそうです。
郷土料理は、現代の地元民でもなじみが薄く、作れる人は高齢の方に限られているそうですが、地元の食堂、郷土料理専門店では味わえるようです。
「だぶ」は、家庭のお祝い事や仏事の時に親せきや近所の人が集まって作るものですが、現在では郷土料理を受け継ぐという習慣が薄れてきています。