【佐賀県の名物・特産品】ご当地グルメ「魚介料理」

佐賀県は、美しい台地で育つ佐賀牛だけでなく、海の幸にも恵まれた土地です。
九州北西部の佐賀県海域には、大陸棚が広がり、漁場では魚介類の養殖が盛んです。
伊万里クルマエビは、伊万里湾の入り江の養殖場で、養殖され天然のエビと変わらない色つやと締まった身が特長で、加工品の「クルマエビみそ漬け」が美味しくて人気があります。
佐賀県白石町の郷土料理として人気の「須古寿司」は、もち米酢飯を箱に詰め、その上にムツゴロウ、シイタケ、錦糸町卵を載せて押しずし風に作られたお寿司です。
唐津市浜玉町では、毎年4~5月になるとシロウオの旬の時期を迎え、シロウオ会席料理が人気です。
玉島川上流で取れる魚の川魚料理、モズクガニの塩ゆでやカニ飯は絶品です。
カタクチイワシ科のエツの揚げ物、てんぷら、塩焼きも美味しいです。
佐賀県と言えば、有明海料理が美味しく、アワビや佐賀のりを使った料理が有名です。
佐賀県では、有明海や、玄界灘で取れる魚介類が、月ごとに旬を迎えるので美味しい料理に事欠くことがなく、いつ訪れても美味しい魚介料理を楽しむことができます。
有明海で取れる旬のお魚カレンダーサイトでは、有明海沿岸地域の有明海海産物の料理レシピが紹介されています。