【佐賀県の名物】日本の発祥地!大量の生産量を誇る嬉野茶

佐賀県嬉野の名物と言えば、嬉野温泉湯豆腐が有名ですが、嬉野茶も佐賀県嬉野の名物です。
嬉野茶は、日本全国でも、数知れないくらいの生産量を誇っており、嬉野のフレッシュな空気と澄み切った清らかな水の中で育まれたお茶です。
嬉野には、たくさんお茶の販売店があり、トライ飲できるので、好みの味のお茶を見つけることができます。
お茶の製造所など、お茶ができるまでの一連のプロセスを工場見学で見ることができます。
嬉野茶専門店では、緑茶、水出し煎茶、ほうじ茶、紅茶など、お茶の種類が多数あり中でも嬉野紅茶が人気です。
ある嬉野茶の通信販売では、紅茶の種類が多く、レモングラス、カモミール、生姜紅茶、ミントなど、好みの紅茶を購入することができます。
美味しいお茶の飲み方としては、一度沸騰させたお湯を必ず使うことだそうで、お湯の温度が80度以上の高いめの場合、渋みや苦みが出るので、70度くらいの少し温い目の方がお茶の甘味を引き出すことができるのだそうです。
沸騰させたお湯を少ししてから湯飲みに入れると、この時点でお湯の温度が80度くらいに下がるのだそうです。
湯飲みに移したお湯を湯冷ましなど、別の湯飲み茶わんに移すと、この時点でお湯の温度が70度くらいに下がるそうです。
このお湯を急須に注ぎ湯飲みに注ぎ入れます。