【佐賀県の名物】川上峡名物「白玉饅頭」

佐賀県、川上峡の名物「白玉饅頭」を作っている専門店では、約100年の伝統製法を守り続け、蒸し白玉饅頭、焼き白玉饅頭、玄米白玉饅頭の3種類の白玉饅頭を作り、和菓子カフェも経営されています。
名物「白玉饅頭」づくりは、原材料の素材からこだわって作られています。
お米は佐賀県産のものを使い、使う直前には自家焙煎されています。
饅頭の生地をこねるときも添加物が一切使用されていないので安心です。
さらに2回蒸され、その都度2回こねるので、とても細かいところまで、こだわって作られて、丁寧に時間をかけて練り上げられた生地の中央に、北海道産小豆のこし餡がくるまれています。
餡は砂糖で甘すぎず上品な味付けをされています。
川上峡の白玉饅頭へのこだわりは長い間、川上峡を観光した人に愛食されている饅頭なのです。
和カフェでは、白玉饅頭とお茶のセットを飲みながらゆっくりと、川上峡を眺めることができます。
ぜんざいもあり、シンプルな白玉ぜんざい、ちょっと贅沢に抹茶ぜんざい、ココナッツぜんざいも食べることができるので、風情とリラックスタイムが同時に楽しめるのが良いです。
九州の嵐山と呼ばれている美しい渓谷を眺めながら頂くこだわりの「白玉饅頭」は最高です。