【佐賀県のスイーツ特産品】フレッシュな「甘夏かあちゃん」(唐津市呼子町)

「甘夏かあちゃん」は、佐賀県の呼子町で、栽培収穫された甘夏みかんで作られた甘夏ゼリーです。

呼子に「甘夏かあちゃん」が作られているお店があり、呼子のイカを食べた後にお店によって、お土産に買って帰るという観光客もいます。

「甘夏かあちゃん」の特徴は、甘夏みかんの皮にゼリーが詰められている点で、甘夏が食べやすくされている上、フレッシュさが伝わり、特に柑橘類好きの人に喜ばれるお土産です。

唐津市呼子町で収穫される甘夏みかんの販売時期は、2月上旬から4月の終わりころで、呼子の甘夏みかん栽培に使われる飼料には、カルシウムやミネラルが豊富に含まれている天然サンゴ100%が使われているので、味がまろやか、ジューシーで美味しい高品質な甘夏みかんができるのだそうです。

また、「甘夏かあちゃん」は、全国環境保全型推進コンクールで、平成20年度に優賞しています。

佐賀県のある高校では、甘夏みかんイベントとして甘夏ゼリーづくりや呼子甘夏みかん狩り収穫体験なども行われています。

甘夏かあちゃんのお店では、甘夏ミカンで作られ<夢甘夏アイス>も販売されており、唐津市呼子町の「甘夏かあちゃん」、夢甘夏ゼリーは、テレビや雑誌でも紹介され、全国的に大人気のお取り寄せスイーツになっています。