【佐賀県のスイーツ】100年の歴史ある小城羊羹

佐賀県には、美味しいスイーツがたくさんありますが、その中の小城羊羹は、江戸時代から人々に食べ続けられてき伝統ある羊羹です。
小城羊羹は、切ってすぐその場で食べる、時間をおいてから食べる、美味しい食べ方が二通りあるそうです。
羊羹の切りたては、本来のフレッシュなしっとり感を味わえます。
時間をおいた羊羹は、外側が酸化して砂糖のカリカリと内側の滑らかさがあり、食べた感じのシャリシャリ感と優しい甘みがお口の中に広がります。
江戸時代から伝統製法で小城羊羹を販売してきたお店によると、あづき粒餡が入った羊羹が人気だそうです
ペールピンク色こし餡の羊羹は、北海道産の高級な大豆が使用されていて、ソフトテイストで、本練こし餡の羊羹で、小豆のこしあん入り、抹茶、青エンドウ入りの羊羹もあるそうです。
江戸時代から続くこちらのお店では、羊羹の他に栗×粒あん入りのどら焼き、桜餡入り、粒餡入りどら焼き、丸ぼうろ、最中も販売しているそうです。
どらやきや丸ぼうろに使われているパンには佐賀県産の小麦粉が使用され、最中の皮には、つきたてのもち米が使用されています。
丸ぼうろはポルトガルの手作りをそのまま真似て作られているので、素朴な味を楽しむことができます。