【佐賀県のお土産】美味しいお料理をお気に入りの唐津焼の器で!

佐賀県唐津市を訪れたなら、思い出のお土産として唐津焼の器を買って帰るのも良いです。
唐津の器に呼子の美味しいお料理を盛って、いただくのも良いですね。
唐津焼は、豊臣秀吉が朝鮮半島出兵のころに、朝鮮半島から陶芸家を日本の唐津に呼び寄せて陶芸品を作らせたそうです。
そのときに朝鮮半島の陶芸技法が伝えられたのが始まりとされていましたが、実際には、それよりも少し早くに伝えられていたそうです。
陶芸品は、シンプルな絵柄とデザインが特徴で、朝鮮半島の伝統的な技法が伝えられています。
唐津焼には、実際、数種類の陶芸技法があるそうで、草木花・鳥などの絵柄が描かれたもの、朝鮮李朝の技法がそのまま伝えられたもの、日本風にアレンジされたもの、鉄分が多く含まれている土で練られたもの、などがあるそうです。
お茶菓子とお皿がセットになって販売されているものもあり、手軽で良いお土産品になります。
お茶菓子は、天皇への献上菓子に選ばれた銘菓だそうです。
また、唐津市では、やきもの祭りが毎年、開催され、陶芸家による、陶芸品の展示や音楽コンサートも開かれています。
唐津の焼き物は、陶芸作家による作品をオンラインショップの楽天やアマゾンでも購入することができます。