【佐賀市ご当地グルメ】〜手軽な家庭料理「シシリアンライス」〜

【佐賀市ご当地グルメ】の「シシリアンライス」は、手軽で簡単に作れる家庭料理として良く作られています。

「シシリアンライス」が初めて作られるようになったのは、1,900年代中ころ、佐賀県のある喫茶店で作られてから、他の喫茶店でもオリジナルの「シシリアンライス」が作られ、各家庭料理としても作られるようになったそうです。

「シシリアンライス」は、どのようにして作られるのでしょうか?

まず、お皿にアツアツのご飯を盛った上に、甘辛く炒めた牛肉を載せます。

その上にレタス、キュウリ、トマトなどを炒めた野菜を載せ、上に細く網状にマヨネーズをかけると出来上がりです。

「シシリアンライス」は、もともとイタリア料理店が始まりで、そのレストランのオーナーは、ゆで卵を野菜炒めに入れていたそうです。

ゆで卵の白身、トマトの赤、きゅうりとレタスの青緑色、その彩にイタリアの国旗が思い浮かんだそうです。

地中海に浮かぶシチリア島にちなんで「シシリアンライス」と呼ばれるようになりました。

福岡のレストランメニューが何故佐賀で広まったのかは、疑問に思いますが、福岡のレストランで働いていた従業員が佐賀でレストランを開店するようになってから広く知られるようになったのだそうです。